ピアノ 昨日 今日

きのうは某グループ横浜例会で、あるお宅にいってきました。
弾いたのは
ショパン ボレロ
チャイコフスキー くるみ割り人形より
金平糖の踊り(プレトニョフ編)
花のワルツ(グレンジャー編)

ボレロと花のワルツははじめて人前でひきます。
そう悪い演奏ではなかったと思います。
ボレロ 最初の2ページよくまちがうので、必死になってさらったら、割と難なく通過 ただポロネーズリズムの主題が8回でてきて、それがすこしずつちがう。そこが2か所まちがった。最後のところで、変な音をおした。

金平糖のおどり オクターブまちがってでて、途中で補正したところが1か所
花のワルツ 途中でわからなくなって2小節先をひいた。
くるみわり人形が細かい間違いはしているにかかわらず、楽しい曲ですねといわれた。

後、9月にはバッハ平均律+水の反映+リストポロネーズをひくし、もう暗譜はできているので、なんとかなるかなとは思うけれど。

そこのお宅で、お茶をだしていただいて、お手製の抹茶に黒豆のはいった水ようかんをいただきました。あまったるくなく、いい香りがして、いまだに余韻がのこっているような


今日はまあきのうがそう悪くなくひけたので、いろいろな曲を遊びのような感じで弾いてみた。

上記のコンサート曲を1通り
しかしリストポロネーズが最近すこしひいた以外、この4カ月ほどひいていないので、1回目は何だこれはという感じだったけれど、2回目で思い出し、3回目でほぼ完ぺきに思い出した。
しかし前に弾いたときは2カ月で暗譜して人前でひいたのだから、初回から完璧にひけるとおもったのに、やはりこれだけひいていないと思いだす時間が必要

リスト ハンガリアンラプソディ2番
これは暮れあたりにひきたく、今時間があるので、譜読みしている。
だいぶ形はついたと思う。しかしリストポロネーズを前にひいたのが、冬だから、感じなかったが今はすごく暑い。とくにハンガリアンと通すと体力消耗という感じ。昼間といえども、近所のこともあるので、窓しめてエアコンいれて弾いているけれども

プーランク 間奏曲
前にひいたけれども、来年あたり人前でひきたい。1か月ほど先生が「そういえばプーランクの間奏曲もきれいにひいてましたね」とおっしゃったことばがヒントになったと思う。

グリュンフェルド編曲 こうもり
これは楽しい それほどむつかしくないし。

リスト編曲 聞けひばり これは若いころしたけれども上記の曲と来年早々に弾く予定

今日は10曲さまざまな曲をひいたけれど、楽しかった。本当に遊んだという感じ。気乗りがしない誘いをうけるよりも、よほど楽しい。
きのう感じたこと くるみ割り何回もまちがいそうになったけれども、DVDのバレエのイメージをいだいて弾いた。自分がバレエを楽しんでいる感覚で。やはり音楽は自分なりのイメージを作って奏でるのがいいと思う。その曲の世界にはいって楽しむことかなと思う。
しかしそれには、細かい練習が必要だと思う。
このところ、仕事が忙しくて30分くらいしか練習できないこともあり、弾けるときに弾くという体制をとらないと、私のごとき演奏でもあのようにはできないだろう。音楽がわかってきたのもごく最近なので、(それでもほかの人の1/2しかわかっていないだろうが)ピアノを弾く時間は貴重である。あまり気乗りのしない誘いは、義務がないかぎり、疲れるばかりなので避けたい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

サイボーグ
2010年06月19日 20:24
お抹茶水ようかん本当においしかったですね。ブログ更新してくださいましてありがとうございました。私もたまにはピアノを弾いて遊んでみます。今日の歌は勉強不足でお恥ずかしい結果ですみません。
nori
2010年06月19日 20:51
サイボーグさん
5月27日フィリアホールのことも書こうとしましたが、行徳(5月22日ブログ)と日にちも接近しており、できも大差がないので割愛しました。それと息子の就職のことで頭が痛く、ついついブログなどおろそかになるのです。
歌は細かいところはわかりませんが、情感がこもっていてよかったとおもいましたが...

この記事へのトラックバック