ゆうゆう4月号に

画像



今日「ゆうゆう4月号」に掲載されました。私は取材をうけたものですから、寄贈号を2日前にいただいていましたが、明確にするのは今日にしようとおもっていました。
やはり自分が取材をうけたものが文章化され、しかも本屋にならぶのはうれしいことです。書く習慣ということで、p126に2ページ掲載されています。そのときは私のおもいつくままに投稿(メール)し、採用されるとはおもいがけないこととそれに取材といわれて、何のことかわからないほど、驚きました。
しかし今読み返すと、書くことにより、自分のライフスタイル、考えが確立しました。また2012年4月に主人をなくしましたが、一時暗い絶望の淵を這う(精神面で)ような生活をしていましたが、わずかながらでも光をみいだし、それを吸収して、暗い経験も決して無駄にせず、自分の中にとりいれていったことがわかります。
そういう意味で、これは自分としては記念碑的なできごとなのです。

寄贈誌がきたとき、写真が3枚あるのですが、その1枚が顔が大きく映っているから(他の2枚は気に入っています)ちょっとねというと、息子がべつに「美人路線をねらっているのでないからいいだろう」といってくれ、そのあとに「本に載っておめでとう」といってくれたのでジンときました。

ちょうど寄贈誌をもらったのと同時に、5月のプログラムができました。表紙がすてきですが、これはまたの機会に。印刷屋さん(ごく近く)につくっていただきました。今日この順番で8曲弾くと、全部が全部でないですが、いやされてなごむフレーズがありました。本番ではそれが多くでればいいのですが

また今日と同時に婦人画報が発売となりポケット版がうっていたので、かいました。北陸へとみだしにあり、こんど北陸新幹線の誕生を記念する号らしく、主人の出身である「富山」もでてきました。わたしには主人も天国から喜んでくれているように思えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック