音楽会 長津田アートパーク

画像


昨日は長津田のみどりアードパークで音楽会でした。あいにくきのうも雨。
ここはプロといってもいい人もいらっしゃり、おかげで、いろいろな名曲が楽しめました。

まずは感想から
バッハを弾いた方は、フランス組曲、パルティータの人も落ち着きがあり、きれいにながれていると思いました。私が最近ロマン派がおおく、感情移入は否めないところですけれど、古典の自然に近い素朴な美しさを感じました。両曲ともアルマンドとかサラバンドとかその曲の特徴がよくでているし。

ドビュッシー アラベスク2番、亜麻色の髪の乙女、アナカプリの丘、月の光
すごくおしゃれで、フランスの世界に誘導するような演奏でした。特に月の光は窓からやわらかく入ってくる光を感じました。アナカプリの丘は難しく私もしたことがあり、やり直したい曲ですが、とても彼女のようには弾けないと思いました。リズムののりも、メロディの続き具合もよかったし。

スクリャビン 幻想曲  ラベル 水のたわむれ
よくもこんな難しい曲を並べて、ひきこなされてと感じます。
水のたわむれはよどみない演奏で、音のみだれもなく、スクリャビンは学習していないので、よくわからないですが、神秘主義の世界に導入されるようでした。

ベートベン ソナタ30番op109
ベートベンの30番31番32番は精神性が高く、そういう面で難しいので敬遠しています。
ちょっと硬い感じもするし。ところがこのかたの、演奏は抒情性もあり、すばらしかったです。後述しますが、今日から28番終楽章にとりくんでいますが、楽譜を30番をみますと、とても細かい音符がたくさんあり、むつかしく、よく弾かれたものと感心しています。

最後にきのう録音したてのCDをもらいましたので、今聴きながら書いています。
録音はホールの機器でしたので、すごくよく、パソコンのCDでも十分にきけます。きのう居間のコンポでききましたが、それともあわせて書いています。昨日はかえってすぐにきいたし、おまけに息子がTVもみていたので全身を耳にしてきき、今日は少しリラックスしています。
ある人が「英雄」がよかったといってくれましたけれど、ダイナミック感と、前に進む感じはでているし、どうもこういう曲になると広いところ、舞台にたつとのる傾向があり、前のミニリサイタルの軍隊でもそうでした。

「ます」はメロディはでているけれども、もう少し伴奏形もだせばよかったと思います。
それと序奏の部分が、すこし大きくてややあわてた感じがある。
シュトラウスの「こうもり」は楽しそうに弾けていますが、最後のほうの和音がわからなくなり、(1か所)何とか弾きこんでいたので、つながりました、全身を耳にしてきくと、神経にさわるけれども、今リラックスしてきくと、いつの間にか通り過ぎ、しまったと思っても何とか流れをとめないことが重要だとさいにんしきしました。

3曲とも明るくやや派手なので、夏の暑いときに、高揚した気分を持ちこたえるのは練習でも汗がでてくるし、大変なものがありました。よく家では、ます、英雄とひくと、そこで、エネルギーが枯渇しそうになり、コウモリは何回もひいているからいいとcutしていました。舞台ではやはり大変でした。救いは英雄の歌うようなところで、肩の力をぬいて、弾いたので、ちょっとは休めたし、これもよかったなとは思いましたし、初めて現場で教訓をえました。

まあ和音がわすれそうになった(左)があったけれども、弾きこみ(ミニリサイタルでもとりあげた)のおかげで、止まらないでひけました。それから今日のことから選曲は、陽性の曲ばかり3曲はしんどいので、1曲はサラッとした曲か、ゆったりしていても指の動きを必要とする曲(ショパンの子守唄など)を1曲いれると楽だったかなとプログラミングも考えなくては。本当に暑いときにいやになったし。

これからは次は、ショパンノクターン5番とベートベンソナタ28番終楽章をします。ノクターンはまえにしたので、ほぼ暗譜しているので、少しは安心です。ベートベンソナタは、腰を落ち着けてひいたのははじめでですが、味わい深く好きになりそうです。躍動感もあるし、難しいところは1つの手でトリルとメロディをひくところです。またタイでつながれた16分音符の最後の3つが走らないように注意しなくては。今日ももっと弾きたいですが、いろいろ用事があるので、

それとマイミクのoさんが、無言歌集をアップされて素晴らしいので、音楽会の2日前に今まで弾いたのと、気になる曲もあったので、弾いてみました。こういう曲をもっているとちょっと弾いてといわれたとき便利だなと思い。
ベニスの舟歌と乗馬は小学生でしたし、その時の先生が結構きびしかったので、手にはいっています。9番のなぐさめは、讃美歌からとったものであり、讃美歌の伴奏もしていたからしやすいです。34番の紬歌、初見ですがほぼインテンポでひけるので、面白い。これは何とか独学でがんばろうかな

最近ピアノが自然な感じで自分の心にはいってきて、ステージでももちろんあっと思うことはあっても、いいなと思ってひけるようになりました。半分以上はそうです。どの個所でもということはありませんが、英雄ではその喜びの気持ちを表現しようとしましたが、CDをきくと、少しは伝わったかなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック