さまざまなarea

アクセスカウンタ

zoom RSS 高校コーラス部OG会

<<   作成日時 : 2015/11/09 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日は恵比寿で高校の時の東京在住OB会がありました。
私は主人が他界しているので、「いっただけ無駄になったらいやだな」と思っていました。

というのもこの会は2012年に発足しましたが、2012年は主人が他界しており、2013年はまだ立ち直っていないし、2014年は精神的にはしっかりしていましたが、同日にリサイタルをききにいきました。

というわけではじめてなのです。母校は大学とはちがいますが、裕福に育った人が多く、今の私とは接点があうかしら、でも音楽という共通の場があるしと参加をきめましたが、どうかしら、音楽の先生にお会いするのも40年ぶりだしと変に緊張してきのうは寝つきが悪かったです。

しかしその不安はドアをあけて、ピアノのあるレストランにはいると一掃されました。

テーブルにすわり、先生のお話のあと、食事が進み、そのあとコーラスとなりました。
写真は部分練習している風景です。
ヘンデルのハレルヤ、青春は今、小さい秋みつけた、はるかなともにです。
ヘンデルのハレルヤは、いい曲だけれども、私は歌というとピアノを弾く時にメロディをソルフェージュ的に歌うので、英語の歌詞の舌がまわりません。
さいわい部分練習のとき、声楽科を出られた人が誘導してくれて、何とかまわるようになりました。
2年後輩ですが、コーラス部の部長をしただけあって、誘導がうまい。この人はこの会のリーダー的役割なのです。 また伴奏もそのリーダーの人の同学年で、桐朋をでられたひとなのですが、1つ1つの音がクリアーで、リズム感もあり、立派なピアニストになられているのにはびっくりしました。私は自分では弾けるとおもっていましたが、月とすっぽんほど差があります。ほかの伴奏もとてもよく、特に小さい秋みつけたのようなものを何かの時にはあつめて弾きたいと思っている私にとっては勉強になりました。

あっという間に時間がたち、これだけはなれていても、ふっとこころがなごみ、昔にもどれて、自分がさらけ出せるのは、小学校の同期会と同じです。

あとアトレでコーヒをいただきました。ここの学校の人は自分を主張するよりも、人の気持ちにやさしくよりそってくださるのでいいと思います。(主人の他界時に、親友にそれを感じました。決して上からの目線でものをいいません)

また私がピアノを深く追及していることから、前述の後輩のピアニストと話がはずみ、これからも音楽のことで、きいたり、おしえていただけるのも収穫です。

というわけで、本当に会費の何倍もいい思いをし、よかったと思います。
帰ってから、ヘンデルのハレルヤを初見(といっても今日歌ったので、大筋はつかめている)でひいてみましたが、練習すればどうなるかわかりませんが、そのピアニストのように、とても格好よく神の栄光を感じるように弾くことはできませんでした。しかしこの曲はいい曲です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高校コーラス部OG会 さまざまなarea/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる