さまざまなarea

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の日に

<<   作成日時 : 2017/05/16 21:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


きのうは自治会の委員会、今日は理事会とくたびれた。まあ今日の理事会は17時に終わる予定が、17時30分になってもおわりそうにないので、早退

でも今日はうれしいことが重なったので、疲れてもいいかな。
まずショパンノバラード1番は、私が上手という意味ではないけれど、いい曲だなと思う。
またこの曲をpracticeすることにより、曲の良さはもちろん、曲がピアノが心にしみとおるようになり、ピアノが心の糧と感じるようになった。見栄や、野心でなく
これは初めての経験であり、26日の音楽会が誰に聞かれようと、どうひこうとそういうことどうでもよくなった。糧となったことがうれしく、どうか死ぬまでkeepできますように

楽譜棚をみつけると、前にTVで放映していた、ショパン名曲を弾くとピアノで名曲ををみつけた。ショパン名曲を弾くでとりあげられているものは全部した。またテキストにかかれている注意点をみた、ショパンのバラード3番は何度となく人前でひいたことがあるけれど、春の雰囲気でという言葉があり、幸福感にあふれているような感じ。それこそ、バラード1番が少しわかり、ピアノの楽しさがわかった幸福感にあふれる曲ではないか。病院では1番より3番のほうがふさわしいと思えてきた。

次にピアノで名曲ををひらけてみた。バッハのトッカータホ短調BMW914は初見で弾いてみた。ロマン派とちがい、5指におさまり1ト2トでひいてみると形にはなる。何か崇高なものを感じる。いい曲だ、今の先生ならきっちり指導していただけるからと思ったりする。もちろん今年のはなしではない。特にフーガがいいな。

改めてピアノを弾ける幸せを感じた。

また昨日突然、母が好きでよくだいてねてたというアニマル(母は2010年他界)がでてきた。なんと主人のベッドは今物置のようになり、いろいろなものを置いているけれど、ベッドのあいだからでてきた。しかし下にくいこんでおり、なかなかひっぱりあげられない、ようやく引っ張り上げたと思うと布が破れ、なかから、つめもの(小さいたま)がとびだしてきた。それを拾い集めて処分し、やぶれているところを糸で縫った。もとの形はとどめられた。しかし母の日に母と会えたようでうれしかった。この頃のピアノといい母とのコミュニケーションのような気がした。

7時すぎて、息子が帰ってきた。カーネションのギフトをもって、
そのとき、バッハのホ短調をきいていて、自分が初見でひくより、神を感じ、また息子のギフトとぴったりな気がした。息子には主人が他界した時しばらくして「仕事もできるし、ピアノも上手なのでつづけたら」といわれ、そのおかげで今の私の改善があると思う。カーネションと母の形見のアニマル、バッハのホ短調トッカータといいこれからの私をやさしく応援してくれるような気がしてならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
母の日に さまざまなarea/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる