on my birthday(1)


今日は誕生日、本当はあす練習会なのでまとめて書こうと思ったけれど今日はまたいい日だったので、今日のことは今日に。
まずこの日の感想としては、無駄に年をとらなかったということ。わたしの力から見れば翻訳の仕事も、ピアノも、力相応(決してハイレベルではないが、わたしとしてはまあまあ)にいきつき何より余裕を持って臨むことができるようになったことが、何よりだということ。たいていの人はこんなとしになるより早く到達しておられると思うが。
また翻訳にかけては最近が引っ張り強度関係で、英語は教えてもらわなかったが工学部出身の息子にもきいたので、そのお礼も兼ねて、横浜高島屋のキハチにいった。8階のレスrトラン街は、本当久しぶりで店舗も充実しているので驚いた。キハチも前から知っていたが、ネットで申し込んだため、よくわからなかったがおいしかった。それと上記のこともあり、元気で迎えられたよろこびもあり、ことのほか美味に感じた。
梅酒ソーダは、うちでのむチョーヤの梅酒と違い国があっておいしいけれどきついかんじがした。前菜は2種えらび、すずきのカルパッチョは別料金払うけれど新鮮でおいしかった。魚料理は鯛でこぶでまいてありソースあえ。肉は味噌をからめた網焼き、最後のデザートがおいしく、それを前に息子と写真を撮ってくださったが母親のモデルがよくないので、デザートのみ
やはりおいしいものを食べると心まで豊かになったような気がする。

画像



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック